副業の収入にも税金が-トップ画像
当サイトについて
ランキング
アルファNew
エリアライズ
建築模型がくぶん
在宅ワークについて
在宅ワークの報酬
支援会社
まとめ
内職、副業サイト
リンク集
サブメニュー
 
在宅ワークの副業は、普通のお仕事とは感覚が違うので、所得に対して税金を払わなければならないと言う意識は低いのではないでしょうか。


副業と言っても、所得が増えるので課税対象になり、確定申告が必要になります。

ただし、副業の所得が年間20万円未満の場合には追加で納める税金の額が0円になるため、確定申告は必要ありません。


サラリーマンなどのように本業による収入がある場合には、原稿料や講演料などの副業による所得は「雑所得」に該当します。

作家のように、原稿を書くことが本業の場合には、原稿料は雑所得にはならないようですが。


通常は、内職の依頼主が報酬の10%を税金として収めてくれるので、在宅ワーカーが直接支払う必要はありません。


ちなみに、副業を行う上で必要なインターネットの通信料やパソコンの購入費などは経費として申請できるので、確定申告をすれば税金が戻ってくることもあります。

確定申告は賢く利用しましょう。


> 内職をする為にまずやるべきことは?

> 内職ランキングを見る
Copyrightc 2008 在宅ワークの副業と報酬について
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。